DES(Debt Equity Swap)とは?仕組みやメリット・活用ポイントを解説

企業は、経営不振などにより財務体質の改善を要する場合があり、その一つとしてDESの活用が挙げられます。これは、債務を株式に転換する方法で、企業再生を目的として行われるもの。特に中小企業にとっては様々なメリットがあるのが特徴ですが、やり方によっては税金が上がってしてしまうケースなどもあるので、よく検討する必要があるでしょう。DESの仕組みや、メリット・デメリット、活用ポイントについても解説します。

DESとは?DDSとの違い

DESとは、「債務(Debt:デット)を株式(Equity:エクイティ)と交換(Swap:スワップ)」のイニシャルをとったものです。取引のある(融資している)銀行など金融機関が、過剰債務に苦しむ企業に対し、財務状況改善のために行うのが一般的です。わかりやすくいうと、「企業の債務」を「債権者が現物出資」により株式化することで、その出資により債務を弁済する方式です。

一方、同じく債務の処理としてDDSという物があります。これは「債務(Debt:デット)を債務(Debt:デット)と交換(Swap:スワップ)」のイニシャルをとったもので、DESとは仕組みが異なります。DESが債権を株式化するのに対し、DDSは債務を「劣後ローン」に組み替える処理のこと。劣後ローンで借入した借入金は、借入期間中の元金返済が不要かつ、負債ではなく自己資本とみなされるのが特徴です。決められた借入期間中は金利のみ支払いし、期限がきたら一括返済を行います。

DESのメリットとデメリット

企業(債務者)側にとってのDESのメリット・デメリットについて解説していきます。

メリット① キャッシュフロー改善

借入金を株式に変換することにより、返済や利息の支払いが無くなることから、キャッシュフロー改善に繋がります。

メリット② 対外的信用度のUP

債務(負債)が資本に転換することで、バランスシートが改善します。負債が減少すれば、融資を受けやすくなるなど、金融機関からの信頼度UPにつながります。

メリット③ 自己資本比率の増加

DESによる効果として、負債が減り、自己資本が増えます。これは純資産が増えるともいえます。

デメリット① 債権者による経営への関与

DESは債務の振替に株式を発行する方法です。債権者が株式を保有することで、債務者の会社経営へ株主として関与することができます。これにより経営の自由度が減る可能性が考えられます。

デメリット② 資本金UPによる増税

資本金がUPしたことにより、法人税の増加が考えられます。DESによる影響を先に税理士などに確認してから実施したほうが良いでしょう。主に税金が変化する資本金額は、1,000万円以上か以下かと、1億円以上か以下かが一つの境目となります。

デメリット③ 株価への影響

DESを実行することで増加した株式により、株価に影響が出ることが考えられます。

DESにおける税務ポイント

DESを行う前に、下記の税務面について理解しておく必要があります。税務上、どのように取り扱われるのか解説していきます。

ポイント① 資本金UPによる影響

DESによる増資で資本金がUPすると、さまざまな影響があります。
資本金が1億円を超えると、中小法人の特例が適用されなくなるため、増資を行う場合には注意が必要です。簡単にいえば支払う税金が多くなります。
この特例については以下の通りで、税務上有利になることが多くあります。1億円を超えた場合、下記の特例が適用されません。
①軽減税率(800万円以下の部分)
②貸倒引当金
③欠損金関係
・欠損金繰越控除(所得金額の100%まで損金算入可)
・欠損金繰戻還付
④留保金課税
⑤租税特別措置
⑥年800万円までの交際費枠

ポイント② 適格現物出資と非適格現物出資

DESの現物出資には2つのタイプがあります。
一つ目の「適格現物出資」は、100%グループの会社間で現物出資を行うことを指します。債務消滅益が発生しないため、課税されることがないのが特徴です。
二つ目は「非適格現物出資」です。こちらは金融機関など第三者が現物出資を行うことを指します。こちらは債務消滅益が発生するため、課税対象となることが考えられます。

ポイント③ 株主間の贈与とみなされて課税される場合がある

DESの実施により株主の構成比率が変わったり、株価が変動したりすることにより課税される場合があります。株主に利益をもたらしたとみなされれば、課税対象(贈与税)とされる場合があります。

DESの事業承継への活用

DESは中小企業などで事業承継時の対策の一つとしてよく用いられています。
企業のオーナーが、経営する会社に対し貸付金があるケースが多々ありますが、このような金銭債権は、相続の際に債権の額面金額で評価をされます。これは多くの税金が課せられるということです。そこで、DESを行い「金銭債権」を「株式」へと転換します。株式は額面金額ではなく時価での評価となるため、保有する財産の相続税評価を下げることができるのです。

まとめ

DESを上手く活用することで、企業の財務体質を改善することができます。しかし、株式の発行による債権者の経営参加や、資本金UPによる税務上の問題があることをしっかりと押さえておきましょう。