MENU CLOSE
東証一部上場 フランチャイズ
加盟のご案内
  1. ハウスドゥ!FC加盟TOP
  2. 3つの業態 / 家・不動産買取専門店

家・不動産買取専門店

顧客ニーズに応じた不動産売却サービスを提供し、「売仲介」と「売買」に業務領域を絞った、特化型FCブランドが『家・不動産買取専門店』。

ハウスドゥ!の特徴

不動産ニーズは「売り」へ

日本の総人口に占める高齢者人口は増加の一途をたどり、2025年には、高齢化率が約30%まで上昇、3人に1人が65歳以上と予測されいています。

一方で、国内の個人金融資産1,832兆円の約6割を高齢者が所有していると言われ、この年代の持ち家率は82.7%と高い水準となっています。不動産業界では、相続問題や豊かな老後生活に向けた高齢者の資金需要から不動産の売却ニーズが高まり、空き家や不要になった不動産を「処分」する時代に突入。まさに「買いの市場」から「売りの市場」へと大きく変化しています。

高齢化の推移と将来推計
だから、
売却+買取
『家・不動産買取専門店』

時代に求められ誕生したフランチャイズチェーンブランド

古本、中古車、バイク、ピアノ、貴金属、パソコンなど、それぞれの業界では、皆さんもきっと名前を聞いたことがある、代表的な「買取」店があります。しかし、不動産業界には、代表的な「買取」店がありませんでした。今後の更なる不動産流通が見込まれる中、お客様の不動産売却ニーズが増加する時代に求められて誕生したのが『家・不動産買取専門店』です。

わかりやすいネーミングの、不動産業で勝ち残るためのFCブランドです。

家・不動産買取専門店
加盟数114※1店舗
ハウスドゥ!は全国669※2店舗展開中!
※1:2020年10月末現在 
※2:2020年10月末現在
家・不動産買取専門店
『家・不動産買取専門店』の
4つの特徴

全国ネットワークのブランド戦略

テレビCM・ラジオCMの他、メディアの多様化に対応

中小企業では出来ない規模のマスメディアを活用した広告活動をハウスドゥ!ブランド全体で行うことで、お客様からの安心・信頼感の獲得が可能になります。

メディアの多様化

イメージキャラクターに古田敦也氏(元プロ野球選手)を起用!

市場全体へのブランドイメージの浸透を目的として、2013年7月より元プロ野球選手の古田敦也氏をイメージキャラクターに起用。ディスプレイや看板、チラシ、マスメディアやWebによる積極的なプロモーションを通じて、一貫したブランド戦略を発信していきます。また、古田氏の人柄や仕事に対する姿勢・誠実さを『ハウスドゥ!』のイメージに重ねることにより、お客様からの安心・信頼感を獲得しています。

古田敦也氏を起用

1人からでもできる店舗運営

少人数で店舗運営が可能なFCモデル!

地域密着で買取強化を目的とした『家・不動産買取専門店』だから、空中店舗やビルの一室で比較的コストを抑えて開業できる、不動産のプロであれば1人でも収益があげられる、といったメリットがあります。

1人からでもできる店舗運営

売り反響増加で「買取」強化ができるノウハウ

「信用力 × プロモーション力 × ランチェスターの法則」

FC本部には、東証一部上場企業という「信用力」、マスメディアとITを活用した「プロモーション力」に加え、「ランチェスター経営戦略」を用いた『売り反響増を獲得できるノウハウ』があります。また、買取専門店及び売買仲介の直営店を地域密着型で運営し続けていることも私たちFCの強みのひとつです。

「買取」強化ができるノウハウ

顧客接点が増える、豊富な不動産サービス

不動産仲介による売却や買取に加え、反響・案件獲得増加を支援する豊富な不動産サービスがあります。

住みながら売却できる「ハウス・リースバック」

お客様が所有されているお家をあらかじめ住む期間を取り決めてハウスドゥ!が買い取り、売却後はリース契約をしてそのまま今までと同様にお住みいただけるシステムです。

ハウス・リースバック

資金がなくても買取れる共同買取(買取パートナー)

買取パートナーとは「資金はハウスドゥ!」「物件情報は御社」と役割分担する共同買取プロジェクトです。ブランド戦略を強力に推進することで、売却物件の反響が増加します。ところが、中には自社の資金調達力だけでは買取が難しい案件もでてきます。ハウスドゥ!の買取パートナーなら、ハウスドゥ!FC本部と共同で買取り、買取りの事業利益も役割分担に応じて得られますので安心です。

買取パートナー

人工知能が自動で査定「10秒でDo!」

人工知能を活用した「不動産自動査定10秒でDo!」(全国の不動産物件の評価相場が簡単な情報入力で確認できる WEB 査定サービス)

買取パートナー