フランチャイズチェーンとは?直営店とチェーン店の違いやチェーン展開の目的を解説

フランチャイズでのチェーン展開を検討している方は、チェーン店と直営店の違いをご存じでしょうか。フランチャイザーである本部に加盟店がロイヤリティを支払うのがフランチャイズの仕組みで、チェーン店のオーナーは独立した経営者です。一方、フランチャイズを展開する企業が直接店舗を運営するのが直営店です。直営店とチェーン店との違いを知り、今後フランチャイズを利用するかどうかの検討材料としてください。

フランチャイズチェーンとは

フランチャイズチェーンとは、フランチャイジーがフランチャイザーと加盟店契約を結ぶ店舗運営法です。用語の意味からご説明しましょう。

フランチャイザーとは本部を持つ企業のこと

フランチャイザーとは、フランチャイズチェーンのおおもとである企業を指します。「本文」と呼ばれることもあります。フランチャイザーは、加盟店となる店舗へブランドとともに経営ノウハウを与え、その対価として加盟金や月々のロイヤリティを得ます。

フランチャイジーとは加盟する店舗側を指す

フランチャイジーとは、フランチャイザーからブランドやノウハウを与えられる加盟店側を指します。「ジー」や「加盟店」と呼ばれることもあります。フランチャイジーは加盟金を支払い、売り上げの一部をフランチャイザーにロイヤリティとして支払い続けることで、ブランドを使い続けることができます。

フランチャイザーとフランチャイジーの契約による店舗運営を行うことで、フランチャイザーは急速に事業規模を展開できます。フランチャイジー側には、店舗運営などのノウハウがなくても、フランチャイザーからノウハウを提供されることにより、経営者として独立できるというメリットがあります。

直営店とフランチャイズチェーン店との違い

直営店とフランチャイズチェーン店との違いは、運営元にあります。それぞれ説明しましょう。

直営店とは本部が直接運営する店舗のこと

直営店とは、フランチャイザーが直接運営を行う店舗のことです。「レギュラーチェーン」とも呼ばれます。店舗責任者はフランチャイザーである企業の正社員であることが多いでしょう。

企業は自己資本を投入して運営を行うので、新たな商材を販売してみるなど、さまざまなテストを行うことができます。テストにより得られたデータや、直営店で積み上げられた経営ノウハウは、直営店以外でも活かされることになります。

フランチャイズチェーン店の運営元は本部ではない

フランチャイズチェーン店、別名「加盟店」の運営元は、本部であるフランチャイザーではありません。もともとその土地を所有している個人事業主や法人がオーナーであることが多いでしょう。

例えば、個人店だったお店がコンビニになった場合、それは「コンビニの運営企業がそのお店を丸ごと買い取った」のではなく、「個人店のオーナーがコンビニの運営企業とフランチャイズ契約を結んだ」可能性の方が高いでしょう。オーナーはコンビニのブランドを使用して、店舗経営を続けていくのです。

チェーン展開の目的

フランチャイザーがチェーン展開する目的は、大きく3つあります。それぞれ説明します。

急速に事業規模を拡大する

チェーン展開すると、多くの加盟店が自社のブランドを掲げて店舗運営してくれるようになります。資本力が小さくとも、急速に大規模な事業展開が可能です。

加盟店に店舗の運営管理を一任する

加盟店のオーナーに店舗の運営管理を一任できるため、多店舗展開をしても管理面の負担が最小で済みます。

土地や人員確保の必要がない

フランチャイジーがもともと個人店を運営していたような場合、もともと保持している地域とのつながりによって顧客の確保が期待できます。新たに土地を購入し、一から地域との関係を作っていくよりも、圧倒的に有利です。また、人員を新たに確保する必要がありません。

チェーン展開するときの注意点

実際にチェーン展開するときには、以下のようなことに気をつける必要があります。

ブランド力の維持が必要

ブランド力が維持できないと、全てのフランチャイジーにおいて経営力がダウンしてしまいます。店舗運営資金の心配がいらないぶん、ブランド力維持のための商品開発や広報活動にお金をかけなければなりません。

フランチャイジーでのトラブルが企業にとっての致命傷になりえる

一部のフランチャイジーで大きなクレームが発生したり、不良商品が話題になったりしたら、ブランドに傷がついてしまいます。一店舗でのトラブルが、全国規模の経営不振につながる可能性は否めません。

フランチャイジーへの強制命令ができない

オーナーの活力不足による不振が続いていたとしても、オーナーは企業の社員ではないため、フランチャイザー側は強い指示や命令をできない立場にあります。赤字続きの加盟店に頭を抱える日々が、待っているかもしれません。

フランチャイズチェーンを検討するなら目的と注意点を洗い出しておこう

フランチャイズチェーンは、少ない資本で大きな事業展開ができる仕組みです。そのぶん、多くのオーナーが加盟店として手を挙げてくれるほどのブランド力が必要になります。フランチャイズチェーンを検討するなら、目的と注意点を洗い出し、経営の方向性をしっかりと見極めておきましょう。