フランチャイズのメリットとデメリットをわかりやすく解説

フランチャイズによる起業の情報収集をしていると、素晴らしい成功をおさめている加盟店の例もあれば、本部とうまくいかなかったり、ロイヤリティで苦労したりする例も目にします。目先の情報に振り回されて失敗しないためには、フランチャイズのメリットとデメリットを正確に把握することが重要といえるでしょう。そのポイントをわかりすく説明します。

フランチャイズの仕組み

フランチャイズが現在のように広まったのは、本部、加入者、利用者の三者に大きなメリットがある合理的なシステムだからです。

本部は、成功例から経営のノウハウを提供

多くの成功実例を持つ本部がそのノウハウをパッケージ化して、加盟店オーナーに提供します。パッケージ内容は本部によって異なりますが、一般的には商標、看板、店舗デザイン、従業員のユニフォーム、メニュー、教育・訓練プログラム、運営マニュアルなどが含まれることが多いようです。

加盟店オーナーは、ノウハウと引き換えにお金と人材を提供

加盟店オーナーは、ノウハウを提供してもらう代わりに、固定または売上に応じてロイヤリティを支払います。また開業に必要な資金や人材も用意します。加盟店オーナーは低リスクで起業でき、本部は資金をかけずスピーディに事業拡大ができます。

利用者は、安定した均一の商品・サービスを享受

未知のサービスや物品を利用することにはリスクが伴いますが、フランチャイズで展開している会社や店であれば、利用者は安心して利用できます。

フランチャイズのメリット

フランチャイズ加盟による開業のメリットは数えきれないほどありますが、その代表的なポイントをあげてみます。

素人でも失敗するリスクが低い

個人で起業した場合の成功率は25~30%前後なのに対し、フランチャイズで起業した場合の成功率は70%前後にもなるという統計があります(中には成功率の差をもっと大きく算出しているデータも)。これは、素人が陥りがちな失敗を熟知している本部からのノウハウ提供や的確なアドバイスにより、失敗を未然に防いでいるからです。

知名度が高いので、集客しやすい

素人が起業する場合、最初に抱く不安は「どれだけ集客できるか」ということでしょう。しかしフランチャイズの場合、ブランド名が知られているため集客の不安が少なく、オープン初日から大きな売り上げが立つことも珍しくありません。

初期投資の無駄が少ない

会社をゼロから始めるにはさまざまな初期投資が必要です。少しでも出費を抑えるためには、適正な量と価格の情報収集が必須ですが、それには膨大な手間がかかりがち。フランチャイズでは揃えるものがマニュアルで決まっていたり、揃える量も目安があるため、自分で調べて発注する手間が省け、その労力を経営に注ぐことができたりします。また無駄も出にくいので、コスト削減にもつながります。

有利な場所に出店しやすい

「店の繁盛は立地7割」という言葉があります。実力がなくても立地だけで繁盛している店もあれば、実力があっても不便な立地が足を引っ張っている店が多いのはご存じの通りです。しかし繁盛間違いなしのいい物件は誰もが狙っているため、水面下で動き、なかなか表に出てきません。また物件の良し悪しはさまざまな要素が絡まりあっているので、プロでないとなかなか判断できません。しかしフランチャイズであれば情報が集まりやすく、有利な場所を優先的に借りられる可能性が高くなります。

適確な情報収集ができる

コストやマンパワーが限られている小さな企業では、日々の忙しさに追われて情報収集がおろそかになりがち。その結果、気がつくと時代の波に乗り遅れてしまい、商品の競争力が低下することも…。フランチャイズであれば、本部が多くの店から集めたデータをもとに、時代に合った戦略を提供してくれます。

フランチャイズのデメリット

いいことばかりのようですが、それでも個人での起業を選ぶ人も多いのは、それなりにデメリットもあるからです。起業後に後悔しないために、デメリットもきちんと把握しておきましょう。

本部の選択により収益が左右される

本部が提供するパッケージや、初期投資のサポートはさまざま。看板や備品がパッケージに入っていて無料の場合もあれば、すべて自前で用意しなければならない場合もあります。また教育体制や営業指導も、きちんとシステム化されているところもあれば、スーパーバイザー任せのところも…。加盟店オーナーが努力をしても、本部の運営方針によって思うように収益が上がらない場合がありますので、事前に比較検討をしっかり行うことが大切です。

独自性が出しにくい

「自分の会社を持ったら、自分の才覚で自由にいろいろなことをやってみたい」と思っていても、フランチャイズでは禁止されている項目が多くあります。自由度は本部によって差がありますので、こちらも事前によく確認しましょう。

同チェーン店の不祥事の巻き添えになることがある

アルバイトによるSNS投稿で炎上した飲食チェーン店の例でわかるとおり、たった1店舗の不祥事でブランドのイメージが失墜し、集客に影響が出るリスクがあります。これはブランドイメージを共有している以上、避けられないことといえます。

ロイヤリティを取られる

ロイヤリティとは、商標の使用や営業指導などの見返りとして、加盟店が本部に毎月払う対価のこと。一般的には売上の3~5%といわれていますが、業種や本部によってはもっと高くなる場合も。5%のロイヤリティであれば、月商500万円の会社なら月に75万円。個人商店であれば払う必要のないお金ですので、デメリットといえます。

離職後一定期間は、同業種で起業できない

フランチャイズ契約を解消した場合、自社のノウハウを使っての競合を避けるため、多くの本部は何年か同業態でビジネスできないように契約で定めています。契約の解消がその本部との関係にあり、業種そのものに愛着がある場合でも起業はできませんので、おぼえておきましょう。

フランチャイズを利用する場合の注意点

デメリットを最小限にするために、以下のようなことを注意しましょう。

初期投資額が少ない業種・本部を選ぶ

会社設立の初期投資にお金がかかりすぎると、回収に時間がかかって運転資金に苦労したり、回収しきれなくなったりするリスクが高くなります。できるだけ初期投資額が少なくて済む業種や本部を選びましょう。ハウスドゥは初期投下金額が他の事業に比べて低く、参入障壁も低いのが特長です。

長く集客しやすい業種・本部を選ぶ

一時的に話題になってどっと顧客が押し寄せている店は、集客がラクですぐに儲かりそうなため、魅力的に映ります。しかし5年後、10年後も変わらずニーズがあるかはわかりません。いつの時代も変わらず安定した集客が見込めるのは、生活に密着した、なくてはならない業種であり、そうした業種であれば集客しやすいもの。ハウスドゥ!が最も得意とするのがこの集客で、全国各地にある直営店直伝のノウハウが強みとなっています。

研修体制・営業指導がしっかりした本部を選ぶ

フランチャイズでの起業の失敗率が引くのは、そのブランドも持つノウハウを学べるから。しかし本部によっては教育体制がしっかり確立していなかったり、担当するスーパーバイザーによってクオリティに差があったりする場合も…。ハウスドゥでは直営店の実績に基づいた売上に繋がる多様な集客ノウハウや、当社グループで実際に行う人材教育をそのまま提供。その教育体制の確かさは、不動産業新規参入の加盟企業比率が高いことからも証明されています。

失敗のリスクを減らす唯一の方法は、情報の精査

どんなビジネスモデルにも、メリットとデメリットがあります。またどんなビジネスにも成功のチャンスと同様に、失敗のリスクがあります。目先の情報に左右されず、自分で確かめ納得したうえでスタートすることが、失敗のリスクを確実に小さくする唯一の方法といえます